近年ではほとんどのオフィス(事務所)でFAXが利用されています。
そういったビジネスシーンにおいて、外国に英文のFAXを送信するという場面も多くなってきているかと思います。
簡単に、相手に失礼のない文章をFAXするにはどうしたらよいのでしょうか?
基本的には英文のメールを送信するときと同じですので、簡単に確認していきましょう。

FAX用紙に記入する順に、下記の様にレイアウトしていきましょう。

① FAX送信状
「Fax Transmission」と記入

② 送信元(自分、または自分の会社名)の記入
「×××.Co.ltd.」などと、自社名を記入

③ 自社情報
電話番号、FAX番号、メールアドレスなどを記入
「Phone:~、Fax:~、E-mail:~」

④ 自社住所の記入
郵送先住所は「Mailing address」と表記し、自社の住所を記入

⑤ ページ枚数
「この頁を含む×枚」は、「No. of pages:____ including this page」と記入

⑥ 日付
日本語では「2015年1月10日」のように、年→月→日の順で表記しますが、英語では、月→日→年の順で表します
「Date: ______,2015 」

⑦ 送信先
「To:________________ 」

⑧ FAX番号
Noは「#」と表記
「Fax# _______________ 」

⑨ 送信元
「From: ______________ 」

⑩ 頭語
「Dear Mr.******: 」等と記入

⑪ 本文
本文を記入します。

⑫ 結語
ご多幸をお祈り申し上げます、と言う意味の「Best wishes」などが良いでしょう。

⑬ 自分の名前

⑭ 自社部署名
「Department of ×××」

※ 頭語、結語は省略しても問題ありません。