ビジネス英語での会議の始め方

ビジネスシーンでの英語の必要性は以前に比べて、多くなってきています。
外国の取引先との会議、TV会議など英語でのコミュニケーションが普通となってきています。。
会議の進行は、議題があって、参加者全員で討議して、結論を出すという万国共通したものでしょう。

英語では議題の事を「agenda」と言い、議長を「chairperson」進行役を「master」と言います。
それでは一般的な会議の入り方をみていきましょう。

<会議をはじめる>
「みなさんこんにちは、会議に入りましょう。」
→Good afternoon everyone.(みなさんこんにちは)
I think we should make a start.(会議に入りましょう)

<会議のテーマを伝える>
集まって頂いたのは、~を議論する為です。
→We are here to discuss the (production plan).(皆さんに集まって頂いたのは「生産計画」を議論する為です)

<議題に入る>
A comment about this plan is there?(この計画について意見はございませんか)
So let’s first item on the agenda to business.(それでは最初の議題に入りましょう)

上記は一般的な例文ですが、会議をする相手によっても言葉の選び方は変わってきます。
日本でも社内打合せよりも、顧客との打合せの方は言葉を選んで会議を勧めますしね。
英会話での会議に慣れていない方は、より丁寧な言葉使いをした方がいいでしょう。