英語の“突っ込み”に耐える – 日経ビジネスオンライン

英語の“突っ込み”に耐える
日経ビジネスオンライン
前回は米国本社から派遣された有能なマネジャーであるエバンスさんを丸富士課長が日本支社で迎え入れ、初対面の挨拶を交わしました。さあ、ここからいよいよ本題に入っていきます。エバンスさんは数々の経営不振の支社を見事に再建させてきた腕の見せ所です。エバンス …

英語の最速学習法「ゴールを決め、捨てられるものを探す」 – PRESIDENT Online

英語の最速学習法「ゴールを決め、捨てられるものを探す」
PRESIDENT Online
ビジネス英語は働きながらでも1年間でマスターできる。語学センスなどはまったく要らない。必要なのは強烈で明確な目的意識だけだ。まずは私の苦い体験を明かそう。 私は20代半ばでソフトバンクに転職をした。入社面接の際、孫正義社長から「三木君は英語はできるよね」と …

and more »

ビジネス英語のメール注意点

昨今のインターネットの発達により、ビジネスシーンでのメールのやりとり、コミュニケーションは、例え地球の裏側とでさえ、瞬時に行えるようになりました。

日本で夕方の場合、アメリカでは真夜中にあたるので、日本で退社前にアメリカにメールを送っておいたら、翌日出社した時には返信が届いている、と言う事は今では常識です。
上手に英文のメールが送れると言う事は、海外との仕事がスピーディーかつスムースにこなせる事になります。

さて簡単ですが英文でのメールで注意したいポイントをご紹介しましょう。

Ⅰ.「件名」で要件がイメージできること

管理職やマネージャークラスになると、1日に100通以上の膨大なメールを受信する事も当たり前です。
日本でも同じですが、件名で大かたの内容を確認し、重要性が低いと思われるメールは後回しにされたり、きちんと読まれない可能性があります。
また、日程や期日などが関係する要件であれば、後々そのメールを検索し易い様に工夫しておくと便利です。
7月30日に行いたい打合せの場合、
「Agenda for management Meeting 0730 Tue.」
(訳;7月30日の経営会議の議題について)
などと件名を付けると送られた方も分かり易く、送った方も後で探し易いでしょう。

Ⅱ.短い文章量

これも日本語と同じだと思いますがダラダラと文章が続くメールはあまり読みたくもありません。
特に海外の忙しいビジネスパーソンは、日本人とは比べ物にならないほど時間を大切にします。
メールにおける文章作成で意識したいのは、サッと読まれたとしても要点がしっかり伝わることです。

論語を英語で学ぶ書籍『The Analects~論語に学ぶビジネス・エシックス』が発売!! – 産経ニュース

論語を英語で学ぶ書籍『The Analects~論語に学ぶビジネス・エシックス』が発売!!
産経ニュース
働く人の「心の在り方」を育てる月刊誌『月刊朝礼』のフジテレビKIDSとのコラボ企画「大人の極意書」(英語で読み解く論語)を書籍化した『The Analects~論語に学ぶビジネス・エシックス』を10月1日に刊行します。経営者や上級管理職の必携の難解書『論語』を、簡易な英語に …

and more »

惜しい!日本人が間違いすぎる英語表現3つ – 東洋経済オンライン


東洋経済オンライン
惜しい!日本人が間違いすぎる英語表現3つ
東洋経済オンライン
英語でも「ネイティブすぎる発音」とか「スラングすぎるフレーズ」、「ビジネスすぎる言い回し」や「直訳すぎる間違い」なんていうのが出てくるかも。いや、もう出ているかも? でも、「すごく~」や「とても~」という強調の意味で使っている「~すぎる」という表現、英語で言いたいときには …

進む英語公用化 成果は… – テレビ東京

進む英語公用化 成果は…
テレビ東京
楽天はきょう、東京・二子玉川の新社屋を公開しました。社内の案内表記はすべて英語。ジムの利用者は7割が外国人の社員です。食堂では朝・昼・晩3食を無料提供し、イスラム教の戒律に従って調理されたハラル料理も充実しています。5年前に英語公用語化を宣言した楽天 …

and more »

ビジネス英語でのコミュニケーション

昨今の世の中、グローバル化の波がいろんなところにきています。
ビジネスシーンにおいて、英語での交渉、外国とのTV会議などを行う場合も少なくありません。
ビジネスにおけるコミュニケーションは、会話のスピード、ペースと、場の雰囲気作りからスタートします。

コミュニケーションとは、意思伝達とも訳される通り、自分の考えていることを相手に伝えることです。
しかし、双方の理解している内容が異なったり、分からなかったりする事で、イライラしてしまったり、何度も聞きなおしたりしてしまい、ギクシャクした雰囲気になることもあります。
その様な場合では良いコミュニケーションはできませんね。

英会話に限らず、会話は自分と相手の双方があってこそ成立します。
苦手な英語を使って相手を強引に自分のペースに引き込むことは禁物ですが、なるべく自然に、雰囲気やペースを作っていくことが出来ると良いですね。

英語での会話は、ビジネスシーンにおいての場合は特に、すぐ本題に移ることになります。
時間を大切にすることはもちろん、英語の考え方が、まずは伝えたいことを先に言うという性格のためです。
相手の進行で会議などが始まった場合、状況や進み具合を見守りたい所ですが、会議やミーティングにおいては、最初にagenda(議題)や目的を認識しあうのが一般的です。

きちんと押さえておきたいことは、会議やミーティングにおいておかれている立場、分担や責任を冒頭に良く双方で説明しておく事です。
相手に自分の立場を理解してもらう事で、どの様な内容をあなたに話し、討議していけば良いか相手に伝わり、より良い雰囲気、効率的な進行が可能になります。
効率的な進行が行えると言う事は会議をリードしている人にとって自分に有利な最高の雰囲気となることでしょう。