電話の対応

英語での電話を受けた場合、どう対応したら良いのかを紹介します。ですが英語だからといっても、日本のビジネスの電話と同じです。あわてないでゆっくり確認するようにしましょう。

まずかかってきたら、日本での対応と同じで簡単な挨拶と自社名を言います。
挨拶は「もしもし」にあたるのが「hello」や「good morning」です。

例えば○○会社であれば「hello,this is ○○company」といった感じで受けます。相手に名前などをうかがう場合は、「may I
ask who is calling?」で「どちらさまでしょうか?」になります。

そして内容が自分では対応できないときに担当の人へと代わると思いますが、そのとき電話を保留にするには「hold on please」もしくは「would you hold a second,please?」で「少々お待ちください」になります。

電話を切る時には、「thank you for calling」 「thank you.good-bye」で。

もし相手の話すスピードが早くて聞きとれない場合には、「could you speak more slowly」で「もう少しゆっくり話てもらえませんか?」になります。間違った理解をしないためにも、英語の聞き取りがあまり上手くないのであれば、あらかじめゆっくりしゃべってもらうことを伝えておきましょう。

山地酪農を行っている知人が電話にでると、英語で驚いたなんて話を聞きました。
どうも海外のサイトからこの山地酪農のことに興味を持ち、掛けてきたそうなのですが英語がわからず大変だったといいます。
これからは海外とのビジネスも多くなると思いますが、英語でも対応できるようになりたいですね。