長い英文もスッと頭に入るテクニック
日経ビジネスオンライン
例えば英語の会議に参加する時や英語のレクチャーを聞く時にも、略語や記号を使いながら聞くと効果的にメモが取れ、また情報を整理しながら聞くことができますよね。ぜひ、略語を積極的に使ったノートテイキングを機会があるときに実際の現場で試してみてくださいね。