東洋経済オンライン

鉄道員の「英語力」はどこまで通用するのか
東洋経済オンライン
サービスマネージャーは「日常会話程度の英語が話せることが望ましい」(東京メトロ)。2011年時点のデータでは、サービスマネージャーが案内する件数は1日300件以上。その1割程度が外国人への案内だという。 では、駅の改札口に常駐している一般的な係員はどうか。