JBpress

英語プレゼンで相手を動かす10の鉄則 「プレゼン4割、質疑応答6割」の勝負ができるか?
JBpress
どんなに良いものでも、タイムリーにデリバリー(提供)されないと意味がない。稟議を通す、顧客へ提案する、あるプロジェクトをスタートさせる等、さまざまなビジネスシーンで多用されるデリバリー形態は「英語でのプレゼン」だろう。 これには万国共通と思われる「お作法」がある。