英語への苦手意識が治る5つのポイント(後編)
日経ビジネスオンライン
英語と日本語を密接に関連させながら、リスニング+音読を行うと、しっかりとした「英語の土台」ができます。これはチャンク音読とも言われ、通訳者がよく使う練習法とも似ています。 私たちは、リスニングとリーディングを関連性のないものだと思いがちです。それぞれ「別のテスト ...