英語はフランクで直接的な表現が多いですね。
日本語では上司やお客様と会話する際には丁寧な表現が好まれますが、英語にも丁寧な表現はあります。やはり、初対面の人、目上の人には丁寧な表現をするように心がけましょう。今回はそんな英語の丁寧表現をいくつかご紹介します。

[英語の丁寧表現の基礎]
原則的に英語では文章(単語の数)が多くなるほど丁寧度が増すという法則があります。

『お水をください』という表現をいくつか比べてみましょう。

1. Give me a glass of water.
2. Give me a glass of water, please.
3. Can I have a glass of water?
4. May I have a glass of water?
5. Could you give me a glass of water?
6. Could I have a glass of water?
7. Is it possible for me to have a glass of water?
8. Is it possible for you to give me a glass of water?
9. Would you allow me to have a glass of water?
10. Would you be so kind that I could have a glass of water?

文章が長くなるほど丁寧さは増しますが、持って回った言い方になりますので悪しからず・・・。