英語で責任とれますか? デイビッド・セイン(4)
日本経済新聞
日本社会、ビジネス文化がチームやグループを重視する一方で、アメリカなどでは個人個人の働きが重視され、また評価されます。そのため、responsible 「責任がある、責任を負うべき」やresponsibility 「責任」などをよく使うのではないかと思います。 日本で言う「社会人」英語 ...