映画「アルマゲドン」から学ぶ使える英文法
日経ビジネスオンライン
ところが、以前にもお話した通り、英語をとらえる方法はもう1つあります。それは、「作る」とは逆の発想、つまり、「受け取る」という視点に立った文法(受信文法)です。この文法を使うと、必要な解説が激減します。なぜなら、初めから“正しい英文”を使って、その意味を取ろうとする ...