旧三洋電機元社員 中国人若手上司から英語で叱責の悲哀 (1/2ページ)
ZAKZAK
なぜなら、毎日大量の中国語と英語ビジネスメールが入ったからです。三洋時代はひたすら洗濯機を開発していて、ドメスティックそのものでした。あわてて語学学校に通いましたよ。さらに、東京から大阪に出張するかのように頻繁に中国に出張があり、消耗度は半端でない」