担当者不在の場合を想定した、役立つ英語フレーズを紹介
47NEWS
また、「be available for ~」は「~は都合がつく」という意味で、いずれもビジネスではよく使われるのでおさえておこう。 休暇中は、それぞれのタイムゾーンが異なる場合もあるため、時間や日程は“どこの国を基準としたものか”を明確にすることが大切だ。 (記事/柏野裕美) ...

and more »