ビジネスシーンにおいて、英語でのeメールのやり取りは日常茶飯事のことになってきています。
メールの送受信という慣れた作業についてでも、英文となれば別です。
理解され易い、パッと見た目でも分かり易いコツを考えていきましょう。
コツをつかめば相手にも分かり易い文章が書けることになりますし、ビジネスレター、FAXなどにも応用できます。
簡単な工夫なので是非身につけてビジネスシーンにおいて活用して下さい。

現代の社会において、仕事におけるeメールは、電話の代わりに相手に自分の意思、用件を伝える伝達手段として多く使用されています。
「eメール」の利点は、相手の集中している時間などを邪魔せずに、相手の都合の良い時間に確認してもらえると言う事です。
忙しいビジネスパーソンにはありがたい事ですが、ダラダラと長文を打ってしまってはなかなか見てもらえない事もあります。
そこで、eメールにおける強調したい部分には、アスタリスク(*;asterisk)を使用して伝わりやすくしておきましょう。

相手がeメールをななめ読みしたとしても、注意を引きつけて読んでもらえるように工夫するのです。
メッセージ中の語や語句にアスタリスクで前後を囲んで強調し、目につき易くするのです。
アポストロフィー(””)を使用することもありますが、文字化けしてしまうことがありますので、一般的にはアステリスク (*)を使用する事が多いのです。

(ex.)*The end of this week* the market price list to receive.