ビジネスシーンで使用する英語のスペリング(つづり)については、インターネットやソフトウェアの進化によって、以前と比較して案外楽にチェックできるようになってきました。
オンラインで和英辞書や翻訳ソフトなどが簡単に使用出来ますので、ある程度時間をかければ正確に記述出来ます。

また、近年はどのワープロソフトにも「スペルチェッカー」と「グラマーチェッカー」が機能として盛り込まれていますし、精度も向上していますので、英文だけでなく各国の言語について分かり易くなってきています。

eメールの作成ステップとしては、まずワープロソフトでeメールのメッセージを作成。
その文章を「スペルチェッカー」と「グラマーチェッカー」にかけて、誤記を見つけて修正、eメールメッセージを正確なものにしていくという手順です。
マイクロソフト社のワードにおいては、つづりの間違いは赤い波線、文法の間違いは緑色の波線で表示されますので、非常に分かりやすくなっています。

正確な文章作成出来たら、アウトルック・エクスプレスや各自のメールソフトを起動させて、作成した文章をコピー、貼り付けすれば完成です。

和英辞書や翻訳ソフトを使用しながら、この手順でメール文章を記述していけば相手先に用件はきちんと伝わるでしょう。
なかなか英文でのeメールは慣れない方には苦痛な作業であり、時間もかかってしまいます。
しかし、進化したソフトをフル活用すれば忙しいビジネスシーンにおいても短時間でeメールが作成でき、効率的な時間活用が出来るでしょう。
時間にゆとりが出来れば、更なるスキルアップにかける時間も生み出せます。