外国に英文で「E-mail」を送る場合、始めて作成される方にとってはどう記入したら良いか全く分かりませんね。
基本的な文章の定型フォーマットを覚えておくと、比較的簡単に作成できます。

基本的なルールになりますが、全文書を左寄せで入力して下さい。
下記の項目にあてはめながら記入すると洩れが無くメールを作成できると思います。

<記入項目>

1.宛先 : メールアドレス
2.件名 : 用件をストレートに書く。
3.受取人名 : フォーマルでは会社住所も記入します。
4.頭語 : 日本語の「拝啓」にあたります。(ex.)Dear Mr.(Ms.)~:
5.前文 : 簡単な挨拶文を記入します。
6.本文 : 簡潔に、なるべく用件だけ記入しましょう。
7.末文 : 補足する事があれば記入、お礼なども簡潔に書きます。
8.結語 : 日本語の「敬具」にあたります。(ex.)Sincerely,
9.差出人名 : 署名、フォーマルでは会社住所も記入します。

各項目で注意すべきことをもう少し詳しく書いていきましょう。

<頭語>
頭語については末尾に:(コロン)を使用します。
相手先の名前や担当者名が分かっていれば、下記を使用します。
(ex.)Dear Mr.(Ms.)~:

名前まで分からない場合は、
(ex.)Dear Sir or Madam:

「関係者各位」は、下記の様に記入します。
(ex.)To All Persons Concerned:

<結語>
結語の末尾は,(カンマ)を使用します。
(ex.)Sincerely,

慣れるまでは少々難しいと思いますが、例文や他の人が送ったメール等を参考にして愚直に調べていけば段々慣れてくると思いますよ。