英語はもはや、グローバルスタンダードです!
国際的に共通の言語ですから、ビジネスにおいては英語力は必須スキルですね。

しかし企業や業種、職務内容によって、
必ずしも取引先や相手が英語圏の方だとは限りませんよね。
そんなときに有効なのが書面。
不特定多数の相手とでも取引を成功させるためにも、
世界万国どこでも通用するビジネスレターの基本について、今日はご紹介していきます。

まず、ビジネスレターには3つの基本原則があります。

1.形式、基本構成に沿って作成する。
2.失礼が無い様に、丁寧な言葉を使う。
3.簡潔、正確、丁寧な文章を心がける。

これは、日本で手紙を書くときもおそらく常識レベルです。
以上の3つを守ることが、英語に限らず、
世界万国で通用する手紙をかけるベースになるのです。

英語のビジネスレターを書くときに、注意しなくてはいけないのは、
基本原則の2番目、「丁寧な言葉使い」です。
英語には敬語がない!というのは間違いで、
英語にも当然丁寧な言い回しや表現、敬語が存在します。

英会話で話すコトバと、文書で書くコドバにも大きな違いがあります。
ですから例文などでよく調べて、間違いのない内容にしましょう。

また、英語のビジネスレターで日本と違う所は、遠まわしな言い方がNGなこと。
拝啓~ 風薫る季節となりました~~など、季節の言い回しなどは、なんとも風流ですし、
断るときなど、いいにくいコトバとかになると、ちょっと遠まわしな言い方だったりします。
それが美化されるのは日本の文化ですが、海外では理解されません。
的確に、具体的にはっきり表現しましょう。