ビジネスシーンで頻繁に使用されるツールに「ビジネスレター」があります。
日本でビジネスレターを送付する場合も基本の形式と言うものがあるのですが、海外へ送付する場合はどうなのでしょうか。
日本語のビジネスレターでも企業間の大切な交流ですので結構気を使うのですが、他国語ともなると大変心配になります。
当然慣れた人なら大した問題ではないのでしょうが、入門編ということで紹介します。

企業に勤務していると、まず英文でのメールをやり取りする事から始まるのが多い様です。
英文メールに慣れてきましたら、本格的なビジネスレターの習得と言うステップを踏みましょう。
eメールと言うのはあくまで簡易的な連絡手段です。
正式なビジネスレターが書けてこそ一人前の国際的なビジネスパーソンではないでしょうか。
eメールにもありますが、ビジネスレターにも同じ様な基本フォーマットがあります。
基本さえ身につければ、あとは応用なので段々慣れていきます。
■ビジネスレターの構成
1.レターヘッド(Letterhead)
2.日付(Date)
3.宛先(Inside Address)
4.宛名(Attention Line)
5.頭語(Salutation)
6.件名(Subject)
7.本文(Body)
8.結語(Complimentary Close)
9.署名(Signature)
10.差出人(sender/addresser)
11.IDイニシャル(Identification Initials)
12.同封物(Enclosure/Attachment)
13.写し、送付先(cc:/CC/Copy to)
14.追伸(P.S./PS)