カタカナ英語でも伝わる! ソニー創業者・盛田昭夫が世界の心をつかむために行った「隠れた努力」
Business Journal (風刺記事) (プレスリリース)
英語は道具であって、その道具を使って目的を達成することが一番重要なことだからだ。 『君は英語でケンカができるか?』(平松庚三著、クロスメディア・パブリッシング刊)では、元ライブドア社長の平松庚三氏がビジネス体験から英語で何を考え、どう交渉してきたかを振り返り、 ...